住職 角田泰隆(つのだ たいりゅう)

常圓寺二十八世
駒澤大学教授(仏教学部禅学科)

長野県伊那市出身。
大本山永平寺で修行。
1986年駒澤大学大学院博士課程満期退学。
同年、曹洞宗宗学研究所入所。
その後、同研究所主任、駒澤短期大学教授などを経て、現職。
著書  『道元入門』(大蔵出版・角川学芸出版)
        『禅のすすめ・道元のことば』(日本放送出版協会)
        『ZEN道元の生き方』(日本放送出版協会)
        『坐禅ひとすじ』(角川学芸出版)、その他。

 

副住職 角田隆真(つのだ りゅうしん)

常圓寺二十八世角田泰隆の長男
常圓寺副住職、末寺である祥雲寺住職でもある。

東京大学経済学部卒業。
駒澤大学大学院人文科学研究科修士課程仏教学専攻修了。
2011年3月より2012年8月まで大本山永平寺にて修行。
2013年4月より2016年3月まで駒澤大学大学院人文科学研究科博士後期課程在籍
2016年4月より2021年3月まで曹洞宗総合研究センター研究員
2021年4月より曹洞宗総合研究センター専門研究員

 

古幡龍禅(ふるはた りゅうぜん)

常圓寺二十七世の弟子で、現住職の弟弟子

伊那市富県東光寺副住職

長野県木曽福島出身。平成8年に第二十七世佛山宗道大和尚について得度。
平成9年石川県の大乗寺専門道場にて修行。